About Capoeira Besouro

mestrekinha.jpg

certificado.jpgcert1.jpg

【Mestre Kinha】

1969年生まれ:CapoeiraBesouroHwaiiの最高指導者(カポエィラマスター)
7歳のときに、リオデジャネイロのQuitungoで、Mestre Beicolaの元でトーレーニングを開始。

継続してカポエィラを研究し、1990年にProfessorの資格を得ました。
1991年にリオデジャネイロでカポエィラのチャンピオンとなり、翌年にはブラジルの全国大会で
トップ10のうちの1人になりました。

1994年に、Mestre Beicolaから”Cordel de Mestre”として認められました。

1990年以降、リオデジャネイロでいくつかのカポエィラスクールを率いてきました。
現在スクールは、生徒達(※)によって受け継がれています。
また、バイーアでも教えていました。

(※)・・・Mestre Naja、Mestre Barra-Mansa、
     Contra-Mestre Tininho、Professor Gringo

1999年にMestre Beicolaのアカデミーにて、ワークショップを行うため、米カルフォルニアのPalo Altoを訪れました。
その後、Capoeira Hawaiiとして知られているカポエィラスクールを手伝う為に、2001年に
アメリカへ戻ってきました。
2004年まで、そこでクラスの指揮をとり、同年、自身のスクール「Association of Capoeira Besouro, LLC」を設立しました。

【School Phylosophy】

Capoeira Besouroの哲学

 Mestre Kinhaの指導のもと、
 ①トレーングを通じて、規律、史実、そして自分自身とカポエィラコミュニティに対する
  敬意を発達させ、
 ②アカデミーのカポエリスタの仲間達との友情を築き、
 ③他団体のカポエリスタとの積極的な交流を通じて、世界的に成長しているカポエィラの
  コミュニティーをますます強化していくことです。



【Capoeira Besouroのシンボル】

カポエリスタが洗礼を受けたときに身につけるベルト【'Cordel】に囲まれています。
シンボルの中心には、カブトムシとして知られる【Besouro】が置かれています。
その中にはカポエィラにとって必要不可欠である
「音楽」のリズムを支える'atabaque(アタバキ=太鼓)'と、
2つのberimbau(ビリムバウ=弦楽器)が クロスして描かれています。

【” Besouro”の由来】

besouro'という言葉はCapoeiraがまだ違法であった1800年代後期に冷酷で獰猛で
有名な伝説のカポエリスタ、Besouro Mangangaから来ています。
警察が急襲したとき、Besouro Mangangaは、もみ合いの中消えていき、人々は
そのとき一匹のカブトムシが飛んでいくのをみたといいます。
伝説によると、Besouro Mangangaは、警察の手から抜け出し、囚われの身から逃れるために、自身の体を「カブトムシ」に変えたのだと伝えられています。

【現在】

Mestre Beicolaは1979年の4月にグループを立ち上げ、すでにMestreとなりCapoeiraを
続けている何人かの生徒たちと共に、リオデジャネイロでとても強い Capoeiraスクールを
築いてきました。
Mestre Anjo, Sidinho, Sardinha, そしてKinhaはみな、ブラジルでCapoeiraを
教え始め、Capoeira Besouroの伝統を受け継いできました。
Mestre BeicolaはカルフォルニアのPalo Altoに移り、Capoeira Narahariとして
Capoeiraスクールを率いています。
Capoeira BesouroはMestre Beicolaの多くの生徒たちによって、活動が続いています。
リオデジャネイロにいくつかのスクールがあるだけでなく、ロサンゼルスにはMestre Batataと
元で、ハワイではMestre Kinhaの元で指導が行われています。
また、オークランドやイタリアにもスクールがあります。




Home.pngHome.png
History.pngHistory.png
Gallery.pngGallery.png
Instructor.pngInstructor.png
Schedule.pngSchedule.png
Access.pngAccess.png
Mail.pngMail.png
Link.pngLink.png